TOP > 食品> 詳細
 

京都なごみ園 しあわせ緑茶

農法〜喜び農業への道しるべ〜

現在の私の農法は、奈良県の川口由一さんが提唱されている自然農の考え方と実践に学びながら、農薬や肥料は一切施さず、また土を耕さないことを基本として行っています(無農薬、無施肥、不耕起)
このようにして、自然や植物が本来もっている力を大切にしながら、植物がより心地よく、より幸せに育てるように手を貸してあげることが栽培者の最も大切な仕事だと考えています。
また一方では、農業のよりよいあり方をめざして、新しい農法や資材が提供されています。
そのなかから、特に水のもつ役割に注目し、群馬県の藤野順弘さんが提供されるスリーエフ農法の情報水と、彗星探索家の木内鶴彦さんが開発された「たいちくん」(太古の水の農業用)を活用させていただき、より身体と心を健康で元気にしてくれるお茶づくりを目指しています。

自然農

2006年3月に京都で行われた川口由一さんの講演会に参加したことが自然農に取り組むきっかけとなりました。
講演会では記録映画も見せていただきました。実際の映像とお話をとおして、農薬や肥料を用いずとも現実に素晴らしいお米や野菜ができていることや、川口さんの農業にかける真摯な姿勢にふれることができ、自分が求めてきたひとつの形がここにあると感じました。
それ以降、奈良県の桜井市の自宅で行われる見学会や合宿勉強会などに参加させていただきながら、自分でも自然農のお米づくりや野菜づくり、そしてお茶づくりに取り組みはじめました。

お茶づくりでは、自然農にした茶畑の土が、3年目にしてずいぶんフカフカになってきたことが特徴的です。
頭で常識的に考えれば、耕すほうが土は軟らかくなると思いますが、実際は逆で、何年たっても固いままです。それは、耕すことによって土中の有機物の分解を促進してしまうためだと考えられます。

自然農の畑では農薬はまったく使用していませんが、この間 害虫が大量発生して被害を受けるということはありませんでした。
今年のお茶も無事良いものが収穫でき、収量も農薬や肥料を与えていた頃と変わらないだけ得ることができました。

また、雑草も根絶やしにせず、伸びすぎた草や茶樹のなかからでてくるものなどを、必要に応じて刈り取るようにしています。ただ、新茶の収穫前には、草が茶葉に混入しないように、きちんと刈り取っています。
基本的には、草も土壌の状態をより良くし、養分バランスなどを整えてくれているものと考えています。

スリーエフ農法

スリーエフ農法研究会というゆるやかな農家団体があり、そこに参加される農家によって、農薬や化学肥料、有機肥料などを使わなくても、作物は元気に生き生きと育ち、できた農産物は人を健康にし、心のエネルギーを高めてくれる慈愛食になることが日々実証されています。
その主宰者は、群馬県の藤野j順弘さんという方で、農家に情報水や土作り資材等を提供され、無農薬、無肥料を基本に、栽培上のアドバイスなど、様々なサポートをされています。
私自身は、2006年の8月に、『アネモネ』という月刊誌の「天とつながる波動農法」という特集記事のコピーを友人からいただいたのが最初の出会いでした。、それを読んで大変感動し、これからの農業の未来への明るい希望と、自分がかねてから求めてきた農業のあり方への、また一つ大切な答えがあることを感じました。
この年私は自然農に出会い、川口さんの考え方や20数年にわたる実践に感銘を受け、自宅で行われている勉強会等に参加しはじめていたところでした。その学びを大切にし、より深めていきたいと思いながらも、また新しい視点から心の世界や見えない世界のことにも意識を向け、これからの農業のあり方を考えられているスリーエフ農法にも大きな魅力を感じ、同時平行で実践していくことにしました。
藤野さんは、まず農家が天とつながって、植物の声を聞くことや宇宙の導きを大切にしながら、嬉しい・楽しい・有り難いという気持ちで農業に取り組むことが何より大事だと言われます。
水は、波動(情報)を記憶し、伝えます。
植物の70〜90パーセントが水でできていることを考えれば、農業をする人がどういう気持ちで仕事に取り組んでいるかということが大変重要なことになります。
今の農家の多くは、“仕事がしんどい”、“もうからない”、“割に合わない”などといった不平不満の気持ちで農作業をしているため、農作物にもマイナスの波動が入り、それを食べる人にもマイナスの影響を与えてしまうことになります。
そのことが、人の健康を害し、心のエネルギーを低める要因のひとつともなっているようです。
それとは逆に、農家の人たちが喜びと感謝の気持ちいっぱいで日々の農作業に取り組めるようになればどうでしょう?きっと、エネルギーのきわめて高い、身体と心を健康にしてくれる“喜び農産物”となってくれることでしょう。
藤野さんの言われる「天とつながる」とは、別の言い方をすれば、この宇宙を創造している根元のエネルギーを上手に利用しながら栽培に取り組むということだと思います。
私自身も、土地や植物や道具や見えない世界で自分をサポートしてくれていると思われる存在(妖精さんや小人さんなど)に愛を送り、心を込めて農作業に取り組むことの大切さを実感しています。
そして自分のつくる農産物が、自然からの応援を受けて、人々を癒すことのできる喜び農産物となってくれることを願いながら、日々を愛と感謝の心で過ごしていきたいと思います。

太古の水(たいちくん)

彗星探索家、環境活動家として長年活動を続けてこられた木内鶴彦さんは、天文学や地球物理学の研究をもとに、当時の地球にあった水の状態を再現することに成功されました。
その作成にあたっては、当時の地球の重力や質量、水にかかる圧力などを計算し、その数値に基づいて水に物理的操作を加えたり、また太陽光を利用したりしながら、何度も実験を繰り返されたということです。
その過程で、通常の水より溶解度が高く、生き生きと活性化した状態を保つことができる水を作ることができ、それを長時間蒸留させて完成されたのが「太古の水」です。
開発された木内さんによると、病気は身体のなかに老廃物がたまり、排出されない状態が原因になっているということです。だから、なんでもより多く溶かし込むことのできる溶解度の高い水を体内に入れ、その水に老廃物を溶け込ませて排出すれば痛んだ細胞を復元することができるということです。
このような考え方をもとに様々な学者や医師とともに協同研究をおこない、大きな成果をあげられています。
この「太古の水」をもとに農業用に開発されたのが「たいちくん」です。
その後の実験の結果、「たいちくん」の利用により、植物の生命力が活性化し、美味しくて安全な農作物が栽培できるようになることが実証されてきています。また土壌中の残留農薬や化学薬品などが除去されるなどの効果も確認されているとのことです。
そして私自身は、この「たいちくん」を 2007年から使わせていただいていますが、この水のもつエネルギーの高さは注目に値するものと感じています。
また、その使用によって自然環境が浄化され、環境問題の改善にも役だっていくものと考えています。

銀河シリーズの特徴

☆ 農薬や肥料を使わずに栽培した ピュアーなお茶です。

お茶を飲んでいただくみなさんに、身体も心も癒されて、喜びに満ち溢れた日々を送っていただきたいという願いから、まず植物(茶樹)自身が幸せに心地よく育つようにと工夫しながら、心を込めて大切に育ててきました。また、虫や雑草を敵としないという自然農の考え方と実践に学び、農薬や肥料などは用いずに栽培しています。

☆ 自然治癒力を高め、身体と心を元気にしてくれるお茶です。

このお茶の栽培にあたっては、彗星探索家の木内鶴彦さんがつくられた、生命誕生期の地球にあったとされるエネルギーのきわめて高い活性水「太古の水」(農業用は「たいちくん」)を散布し、より品質と安全性の向上につとめています。

この資材の施用により、?植物の生命力が高まり、健康で生き生きと元気に育つようになる。?土壌中のミネラルバランスが回復し、栄養価の高い美味しい作物ができるようになる。?風味が良くなり、日持ちも良くなる。?土中の残留農薬や科学物質などが分解され、安全な作物ができるようになる、などの効果を感じています。

また茶葉の袋詰めは、人々の平安と幸せを祈りながら奏でられる音楽ユニット「森のひびき」(福井幹さんと小川由美子さん)の横笛とハープの音色を響かせながら手作業で心を込めて行ないました。愛と調和のハーモニーから生まれる味わいをお楽しみください。

☆ お茶のブランド産地 和束町で栽培した 純度100%の宇治茶です。 

このお茶は、宇治茶の伝統的な主産地である京都府南部の和束町で栽培・収穫したものです。また製茶も自家工場で行い、製品化にあたっては、きざみ・火入れなどの2次加工は施さず、自然な茶葉の姿と味を保った状態でお届けしています。

フェアリーシリーズの特徴

☆ 農薬や肥料を使わずに栽培した ピュアーなお茶です。

お茶を飲んでいただくみなさんに、身体も心も癒されて、喜びに満ち溢れた日々を送っていただきたいという願いから、まず植物(茶樹)自身が幸せに心地よく育つようにと工夫しながら、心を込めて大切に育ててきました。また、虫や雑草を敵としないという自然農の考え方と実践に学び、農薬や肥料などは用いずに栽培しています。

☆ 自然治癒力を高め、身体と心を元気にしてくれるお茶です。

場のエネルギーを高めることにより、水や空気のエネルギーが高まり、そこで育つ植物が元気に生き生きと育つようになるという、群馬県の藤野順弘さんが提供されるスリーエフ農法の波動水及び土作り資材を散布して栽培しています(詳しくは資料をご請求ください)。

場のエネルギーが高まってくると、植物の声やメッセージが聞き取り易くなってきて、植物の要望に応じた世話ができるようになってきました。そして、自然にもともと備わっている生命力が十分に引き出され、癒しのエネルギーに満ち溢れた作物ができるようになりました。

また茶葉の袋詰めは、人々の平安と幸せを祈りながら奏でられる音楽ユニット「森のひびき」(福井幹さんと小川由美子さん)の横笛とハープの音色を響かせながら手作業で心を込めて行ないました。愛と調和のハーモニーから生まれる味わいをお楽しみください。

☆ お茶のブランド産地 和束町で栽培した 純度100%の宇治茶です。 

このお茶は、宇治茶の伝統的な主産地である京都府南部の和束町で栽培・収穫したものです。また製茶も自家工場で行い、製品化にあたっては、きざみ・火入れなどの2次加工は施さず、自然な茶葉の姿と味を保った状態でお届けしています。

ご購入はこちらから

西濃代引き
●代金引換(現金払い)には、別途、手数料がかかります。手数料は、下記のとおりとなります。
【代金引換手数料】
代金引換額 サービス手数料(税込み)
3万円未満 324円 
3万円以上〜10万円未満 540円 
10万円以上〜50万円まで 無料

※代金引換は500,000円までのご利用となります。それ以上の金額の場合は、弊社までお問合せ下さい。
ヤマト代引き
●代金引換(現金払い)には、別途、手数料がかかります。手数料は、下記のとおりとなります。
【代金引換手数料】
代金引換額 サービス手数料(税込み)
1万円未満 315円 
1万円以上〜10万円未満 420円 
10万円以上〜 無料
西濃運輸
運送会社当店の規定により決定いたしておりますが、
ご希望があれば備考欄にてご連絡ください

○配送業者:西濃運輸
   配送日/時間帯のご指定が可能です。
   お届け時間帯は下記の中からご指定いただくことができます。
   【午前】(9:00〜12:00)・【午後】(13:00〜17:00)

※送料無料キャンペーン中につき
 N95マスク(排気弁付) 5枚セット等、普通郵便で送付できる
 商品のみをご購入の方は、普通郵便で発送させていただきます。
普通郵便
販売業者 いすず産業株式会社
運営統括責任者名 井上貴美子
郵便番号 600-8224
住所 京都市下京区下魚棚通西洞院西入東町261番地
商品代金以外の料金の説明 ・商品発送時の送料  (ご注文商品代金の合計が10,000円以上の場合は、送料は無料とさせていただきます。) ※ただし沖縄本島を含む一部離島へのお届けは別途料金がかかる場合がございます。
申込有効期限 商品ご注文時より、14日以内。
不良品 不良品・弊社の商品の発送間違いの場合や配送途中の破損などの事故がございましたら、弊社までご連絡下さい。送料・手数料ともに弊社負担で対応させて頂きます。受付期間は、商品到着後7日間以内に限ります。 ・お客様のご都合による返品、交換は承りかねますので、ご了承下さい。
販売数量 1個から
引渡し時期 入金確認後5日以内(営業日)でのお届けを心がけています。
お支払い方法 ・クレジット ・代金引換
お支払い期限
返品期限 到着時における破損や商品違いがあった場合、予め弊社へご連絡頂いた上ご返送頂き、10日以内に弊社に届いた場合のみ、商品を正しいものと交換致します。 上記の場合で、商品在庫がなく、正しい商品との交換が出来ない際には返金対応させて頂きます。お客様のご都合による返品、交換は承りかねますので、ご了承下さい。
返品送料 お客様のご都合による返品は、往復送料(返送/再発送)は自己負担でお願い致します。
屋号またはサービス名 いすず産業株式会社
電話番号 075-343-2500
公開メールアドレス postmaster@isuzusangyo.net
ホームページアドレス http://www.isuzusangyo.net/